ゴーン氏、ルノー支配否定 日産、三菱自の独立維持

 三菱自動車のカルロス・ゴーン会長は22日、フランスの自動車大手ルノーとの資本関係について「三菱自や(ゴーン氏が会長を兼務する)日産自動車が、ルノーの完全子会社になる可能性はゼロだ」と述べ、ルノーによる支配を否定した。また「対等なパートナーシップが基本だ」とも指摘し、グループ3社の独立性を維持する考えを示した。

 ルノー会長も務めるゴーン氏は三菱自を含む3社連合の資本関係の再構築の必要性を指摘し、日産とルノーの経営統合の可能性に言及したこともあった。しかし、連合内の不協和音を懸念して3社の独立性を維持する考えに傾いたとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ