補助金企業から献金受ける 自民・古川禎久衆院議員

 自民党の古川禎久衆院議員(宮崎3区)が代表を務める自民党宮崎県第3選挙区支部が、林野庁から補助金を交付されていた企業から、2014年3月の交付決定後、1年間にわたり計12万円の献金を受けていたことが26日、分かった。

 補助金は、県が交付を決定する方式で、古川氏側は「道義的に問題がある」として、全額を返金した。

 献金したのは、同県都城市の製材会社「ヤマワ木材」。同社によると、補助金は林野庁が拠出する「森林整備加速化・林業再生事業」で、県が14年3月に3644万円の交付を決定した。同社は決定翌月から毎月1万円を献金していたという。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ