米がイラン原油の輸入停止要求 11月4日までにと各国に

 【ワシントン共同】トランプ米政権は26日、日本を含む各国に対し、イラン産原油の輸入を11月4日までにゼロにするよう求めていることを明らかにした。イラン核合意からの一方的な離脱を表明した米国は、近く中国やインドにも禁輸を要請し、イランへの締め付けを強化する。例外は設けない方針で、原油輸入量の5%程度をイラン産に頼る日本は難しい対応を迫られる。

 石油輸出国機構(OPEC)などの主要産油国は今月23日、原油増産で合意し、上昇基調にある原油価格の抑制に乗り出したばかり。米国がイラン産原油を市場から締め出すよう要請したことで、価格上昇に拍車が掛かる恐れがある。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ