アカウミガメ産卵ピーク、和歌山 みなべ町「千里の浜」

 和歌山県みなべ町の「千里の浜」でアカウミガメの産卵がピークを迎え、26日夜~27日未明、2匹が卵を産んだ。ボランティアの案内で近づくと、後ろ足を踏ん張るようにして産卵する姿が見えた。産み終えると暗い海へゆっくり向かった。

 町教育委員会によると、産卵のピークは7月中旬まで。一晩で10匹以上の上陸を確認できた日もあるが、1匹もいない日もある。観察には町教委に事前申請が必要。土日の前の夜は希望者が集中し、ウミガメにストレスを与える恐れがあるため、なるべく避けて申し込むよう呼び掛けている。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ