中国、イラン原油禁輸を拒否 「正常な交流保つ」

 【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は27日の記者会見で、米国が各国にイラン産原油の輸入停止を求めたことについて「イランとエネルギー分野の協力も含めた正常な交流を保つことを非難されるいわれはない」と述べ、禁輸を拒否する姿勢を示した。「イランは友好国だ」とも強調し、協力関係を維持するとした。

 中国はイランにとって最大の原油輸出先。トランプ米政権がイラン核合意からの離脱を表明する中、習近平指導部はイランとの関係を重視する姿勢を鮮明にしており、イランを巡る米中の対立が深まりそうだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ