NY原油、一時74・46ドル 3年7カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の8月渡しは一時、1バレル=74・46ドルをつけた。2014年11月以来、約3年7カ月ぶりの高値水準。終値は前日比0・70ドル高の74・15ドルだった。

 米国による各国へのイラン産原油の輸入停止要請を受けて、原油の供給減少への懸念が続いており、買い注文が優勢となった。産油国のカナダやリビア、ベネズエラの供給も不安視されており、需給が逼迫するとの警戒感が広がった。

PR

PR