台風7号、九州で災害警戒 局地的に猛烈な雨の恐れ

 台風7号は3日、長崎県・五島列島の西の海上を北に進んだ。西日本では九州を中心に雷を伴う非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨になる恐れがある。台風は同日昼前から九州北部に最も接近するため、気象庁は土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けている。浸水や河川の増水・氾濫にも警戒が必要だ。

 気象庁によると、台風は3日正午現在、長崎県五島市の西約40キロの東シナ海を時速約25キロで進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ