韓国と北朝鮮、平壌でバスケ交流 金正恩氏は観戦せず

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は4日、平壌で南北統一バスケットボール大会を開いた。この日は南北が混成チームを結成し、男女別に対戦。バスケ交流は、バスケ愛好家で知られる金正恩朝鮮労働党委員長が4月の南北首脳会談で提案して実現した。韓国では金氏の観戦に期待が集まっているが、4日は姿を見せなかった。5日も親善試合が行われる。

 同行している韓国取材団によると、北朝鮮側は崔輝党副委員長や金日国体育相らが観戦。金日国氏は今大会を「北南の首脳部と全同胞の努力で実現した民族の慶事だ」と強調。韓国の趙明均統一相も「南北の選手たちが一つのチームになった」と歓迎した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ