長谷川逸子さんに英建築賞授与 王立芸術院、「大変光栄」

 【ロンドン共同】今年で創設250年を迎えた英国で最も権威がある国立芸術学校、王立芸術院(ロンドン)は4日、第1回の同芸術院建築賞に決まった日本の建築家、長谷川逸子さん(76)=静岡県出身=に記念のメダルを授与した。長谷川さんは「世界にすばらしい建築家がたくさんいる中で賞をいただくことになり、大変光栄で驚いている」と喜びを語った。

 記念講演で長谷川さんは、地方を旅して民家の豊かさに触れた建築家としての出発点や、公共建築で目指す「第二の自然」としての建築、というコンセプトについて説明。自身の作品について設計思想やプロセスを解説した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ