米朝、非核化へ作業部会を設置 ポンペオ国務長官と金正恩氏側近

 ポンペオ米国務長官は7日、訪問先の平壌で、金正恩朝鮮労働党委員長の最側近の金英哲党副委員長らと非核化に向けた詰めの協議を再開した。同行記者団によると、国務省のナウアート報道官は米朝が非核化の実現と検証のため複数の作業部会を設置したと明らかにした。北朝鮮の非核化意思に懐疑的な見方が広がる中、ポンペオ氏が北朝鮮から非核化の行程表や期限など具体的措置を引き出せるかが焦点。

 過去2回の訪朝時と同様、金正恩氏と会談する可能性もある。

 ポンペオ氏と金英哲氏による6日の協議は約3時間で終了した。北朝鮮側との実務者協議を担ったソン・キム駐フィリピン米大使らが同行した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ