近畿の降水量、平年の2倍 9月の天候まとめ

 気象庁は1日、9月の天候まとめを発表した。福井、滋賀、京都の3府県に初めて大雨の特別警報を発表した台風18号の影響もあり、各地で降水量が平年より多く、近畿は平年の約2倍だった。北陸と中国地方、四国も平年の1・4~1・7倍程度と多かった。

 高気圧に覆われて晴れる日が多かった沖縄・奄美は約半分で、7月以降の少雨が続いた。月平均気温はほぼ全国的に高く、平年に比べ東北は0・9度、北海道と関東甲信、東海は0・8度上回った。

PR

PR

注目のテーマ