台湾、蔡総統「中国に屈せず」 与党民進党が党大会

 【台北共同】台湾の与党、民主進歩党(民進党)は15日、台北市内で年に1度の党大会を開催した。党主席の蔡英文総統は中台関係について「今後われわれはより強靱になり、中国の圧力に屈してはならない」と述べ、台湾の孤立化を図る中国の圧力に決然と対応する姿勢を強調した。

 2016年5月の蔡政権発足以降、台湾と外交関係のあった4カ国が中国と国交を結び、台湾と断交。台湾を国際舞台から孤立させようと中国が攻勢を強める中、蔡総統は昨年の党大会に比べ、中国に対し厳しい口調となった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ