米ロ首脳会談、核軍縮で連携 緊張緩和へ「建設的」会談と強調

 【ヘルシンキ共同】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が16日、ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で会談した。会談後の共同記者会見で両首脳は2021年に期限を迎える米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)を含めた核軍縮で連携する考えを示した。冷戦後、最悪のレベルまで冷え込んでいる米ロの緊張緩和へ「建設的な」会談になったと強調。プーチン氏は北朝鮮の非核化で協力すると言明した。

 国際会議に合わせた両者の会談はあるが、独立した機会を設けた公式会談は初めて。一対一の会談は予定の90分を超え、2時間以上に及んだ。その後、側近を交えた拡大協議に移行した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ