NY株3日続伸、44ドル高 金融株が主導

 【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続伸し、前週末比44・95ドル高の2万5064・36ドルで取引を終えた。約1カ月ぶりの高値水準。金融株が上昇し、相場を主導した。

 金融大手バンク・オブ・アメリカが発表した決算が市場予想を上回ったことが好感され、金融株のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスが上昇した。同日発表された6月の米小売売上高が堅調に増加したことも買い材料となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・26ポイント安の7805・72と3営業日ぶりに反落した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ