祇園祭、ハイライトの山鉾巡行 「動く美術館」、都大路に

 京都・祇園祭は17日、ハイライトとなる前祭の「山鉾巡行」が行われ、豪華な装飾品で彩られた「動く美術館」とも呼ばれる山鉾23基が都大路を優雅に進んだ。

 午前9時ごろ、祇園ばやしが始まり、「エンヤラヤー」の掛け声を合図に、先頭の長刀鉾が出発。稚児の小林勇太朗君(8)が四条通に張られたしめ縄を真剣で一刀両断すると、沿道に詰めかけた観光客らが拍手喝采した。

 見どころは四条河原町の交差点で、10トン以上ある鉾が90度回転する「辻回し」。車輪の下に竹を敷いて水を打ち、引き手の男性らが勢いを付けて縄を引くと、バリバリと音を立て向きが変わった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ