北海道・トマムに「雲の海」 標高1000mのテラスから歓声

 北海道中央部・占冠村の観光施設、星野リゾートトマムで、白く厚い雲が山の間に広がり、海のように見える「雲海」が発生しやすい季節を迎えた。標高1088メートルの観察用テラスでは19日早朝、眼下の幻想的な光景に観光客が歓声を上げた。

 この日は北海道の南の海上で発生した雲が流れ込む、ダイナミックで希少な「太平洋産雲海」が見られた。

 雲海は湿度が高く、前日の気温が高く夜冷え込んだ翌朝などに発生しやすい。テラスの営業は10月15日まで。5~10月の発生率は40%前後という。

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR