【引き揚げの苦難】夢見た朝鮮半島 帰国命懸け

全州市出身 元挺身隊の崔さんに聞く

 1枚のモノクロ写真がある。1945年10月19日、福岡市・博多港。鉢巻き姿の女の子たちに笑顔が見える。日本統治下の朝鮮・全羅北道から戦時徴用された「女子勤労挺身(ていしん)隊」100人の集合写真である。

 「はっきり覚えてます。撮ったのは乗船前。やっと帰れると思うと、うれしくて」。全羅北道全州市の崔姫順(チェ・ヒスン)さん(83)が当時を振り返った。

 崔さんは45年3月、14歳で富山市の軍需工場に動員された。旋盤を扱う重労働に耐え、終戦。2カ月後、一行は汽車で富山を出発した。数日かけて博多に着くと、日本人の軍人が「君たちは全州に帰るのか。俺たちは全州から戻ってきた」と話しかけてきた。

 博多港はごった返していた。帰還を待つ朝鮮人たちがいた倉庫に入れず、外で夜を明かした。雨になり、屋根と柱だけの馬小屋に入った。「それでも生きているだけまし。工場では毎晩空襲だったから」。数日後、大型船で出港。引率してきた工場の日本人従業員が手を振って見送った。

 終戦当時、日本にいた朝鮮人は200万人以上とされる。このうち46年3月までに約140万人が朝鮮半島に戻った。この中には大阪で生まれ、3歳で終戦を迎えた李明博(イ・ミョンバク)前大統領も含まれる。

 しかし、日本の輸送計画は極めて貧弱だった。軍人や崔さんのような徴用者は優先的に乗船できたが、博多港は1万人以上の朝鮮人であふれた。多くは日本の漁船などの「闇船」に頼った。それが悲劇を生む。

 45年10月11日、朝鮮人を乗せた船が台風に遭遇した。避難先の長崎県・壱岐で転覆し、168人が死亡。多数の遺体が海岸に漂着した。こうした闇船の遭難や事故の全体像はつかめていない。韓国政府系機関は、渡航中の死者は数千人に上るとみる。

 命懸けで帰還した人たちを待っていたのは温かい出迎えだった。崔さんは釜山港でチマ・チョゴリ姿の女性たちからにぎり飯をもらい、自宅に向かった。古里の駅に着くと、母がいた。終戦の日から毎日終電まで、駅で崔さんの帰りを待ち続けていたのだという。


=2014/12/04付 西日本新聞朝刊=

PR

連載 アクセスランキング

PR

注目のテーマ