台風22号、北上続く 23号は5日に沖縄接近

 台風22号は2日、伊豆諸島の東の海上を北上した。今後、関東の東海上を北上する見込みで、気象庁は強風や高波に注意を呼び掛けた。一方、台風23号はフィリピンの東海上を北上しており、5日に沖縄に接近する見通し。

 気象庁によると、台風22号は2日正午現在、千葉県銚子市の南東約150キロの海上を時速約30キロで北へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の東側330キロ以内と西側220キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 23号はフィリピンの東海上を時速約15キロで北北西へ進んだ。

PR

PR

注目のテーマ