レノボ・ジャパン新社長が会見 パソコンのブランド維持

 5月にレノボ・ジャパン社長に就任したデビット・ベネット氏は20日、東京都内で記者会見し、中国の聯想グループとそれぞれ合弁会社を組むNECや富士通との関係について「ビジネスの体制としては独立していく」と述べた。当面は「ラヴィ」や「FMV」といったパソコンのブランドを維持する方針を改めて示した。

 協業の強みについて、ベネット氏は、質の高いアフターサービスや製品を挙げた。低コスト化で価格競争が厳しい世界市場での勝算について「世界も高品質を尊ぶ傾向が増えている。高い技術の日本製は世界の市場に貢献していける」と販売に自信を見せた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ