IMF専務理事が貿易摩擦で声明 断固たる決意で解決を

 【ブエノスアイレス共同】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は22日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後に声明を発表し、トランプ米政権が仕掛ける貿易摩擦を「断固たる決意」で解決するよう訴えた。

 ラガルド氏は「世界経済が落ち込むリスクは高まっている」と表明。「(米国が発動した制裁関税などの)異常な手段に頼るのではなく、貿易摩擦は国際協調で解消すべきだ」と強調した。ラガルド氏もG20に出席した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ