10大学で観光人材育成講座 社会人向け、観光庁支援

 観光庁は23日、観光産業を中核的に担う人材を育成しようと、社会人向けの講座を開く2018年度の10大学が決まったと発表した。講義は青森大では10日から実施しており、他大学は今秋から順次講義が始まる。同庁が支援し、財務やブランド力の強化などを専門家から原則無料で学べる。

 観光庁は、地方に訪日外国人旅行者らを呼び込める人材育成などに取り組んでおり、15年度から講座開催の大学を支援。18年度は横浜商科大、信州大、神戸山手大の3校が新たに加わった。

PR

PR