JPX、上場企業200社超増 東証と大証の株式市場統合5年

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所が、大阪証券取引所(現大阪取引所)の株式市場を統合して7月で5年となった。統合後は堅調な市況を追い風に、上場企業数が2018年6月末時点で3626社と200社超増えた。今後も地方企業を含めた上場促進の取り組みを加速させる方針だ。

 東証と大証は13年1月に運営会社が経営統合し、同年7月16日には株式市場を東証に一本化した。東証1部、2部、新興企業向けのマザーズに大証のジャスダックが加わり、12年末に2303社だった東証の上場企業数は13年末で3417社へと拡大した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ