台風、8都府県で24人けが 強風や高潮

 台風12号の強風や高潮により、28、29の両日で、8都府県で24人が負傷したことが共同通信のまとめで分かった。いずれも命に別条はないとみられる。

 28日夕、千葉県館山市の店舗駐車場で、落下した看板が風にあおられ、撤去しようとしていた40代女性の顔にぶつかり出血した。

 28日夜には神奈川県小田原市の国道135号で、乗用車や救急車が冠水で立ち往生。救助に駆けつけたパトカーを含め15台が高波にのまれ、約30人が高台などに避難した。

 静岡県熱海市でも同日夜、「ホテルニューアカオ」の窓ガラスが高潮で割れ、2階食堂にいた宿泊客と男性従業員の計5人が軽いけがをした。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ