列島、広範囲で気温上昇 フェーン現象も、熱中症に注意

 日本列島は31日、北日本から西日本にかけての広い範囲で高気圧に覆われるとともに、南からは湿った空気が入り、気温が上昇し、蒸し暑い天候になった。「フェーン現象」の影響で兵庫県豊岡市や鳥取市、島根県大田市など日本海側の各地で最高気温が35度以上の猛暑日になったほか、福島県会津若松市、岐阜県美濃市なども35度を超えた。

 気象庁は、熱中症リスクが特に高いため、水分・塩分の補給、室温の適正管理などの対策を取るよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風12号の湿った空気が、太平洋側で雨を降らせ、日本海側では乾いた風が暖まりながら山を吹き降りるフェーン現象が発生した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ