ソニー、4~6月期最高益を更新 PS4ソフト好調、業績上方修正

 ソニーが31日発表した2018年4~6月期連結決算は、営業利益が前年同期比23・7%増の1950億円で、4~6月期として過去最高を更新した。家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」のソフトが好調で業績に寄与した。

 株式を保有する音楽配信スポティファイの評価益と売却益を計上したため、純利益は約2・8倍の2264億円と大幅に伸び、営業利益とともに過去最高となった。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高を従来予想より3千億円多い8兆6千億円、純利益を200億円多い5千億円に引き上げた。純利益は2年連続で過去最高を更新する見込みとなった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ