中国経済圏の拡大阻止へ連携訴え 米長官、東南アジアを歴訪

 【シンガポール共同】ポンペオ米国務長官は2日、マレーシア・クアラルンプールを訪れ、東南アジア3カ国歴訪を開始する。トランプ米政権がインド太平洋地域で透明性のあるインフラ整備を支援するとの新方針を打ち出し、東南アジア各国を味方に付けて中国が経済圏を拡大する動きにブレーキをかける狙いだ。

 ポンペオ氏は歴訪に先立つ7月30日、1億1300万ドル(約126億円)を拠出してインド太平洋のインフラ整備などを支援し、今後その規模を拡大すると発表したばかり。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ