BMW、車とスマホの連携を強化 アップル「iOS」にだけ対応

 BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は3日、通信機能を備え外部と情報のやりとりができる「コネクテッドカー(つながる車)」のスマートフォン専用アプリを刷新し、カーナビ操作を簡略化するなどのサービスを追加したと発表した。車とスマホの連携を高め利便性を向上させた。

 最新の道路状況を反映した目的地への到着予想時刻を表示したり、希望する時刻に到着できるタイミングで出発を促す通知がスマホに届いたりする機能などが加わった。

 これまで用途別に複数あったアプリを一つに統合した。新アプリは米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」のみ対応している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ