スイスで遊覧機墜落、20人死亡 アルプス山中

 【ジュネーブ共同】スイス南東部グラウビュンデン州の警察当局は5日、州内のスイス・アルプス山中で4日午後に遊覧飛行中の飛行機が墜落し、乗客乗員20人全員が死亡したと明らかにした。

 スイス・メディアによると、同機は1930年代に製造されたドイツ・ユンカース製3発プロペラ機。修復後、遊覧飛行に使われていた。乗客17人と乗員3人の計20人が乗っており、いずれもスイスかオーストリア出身という。

 スイスでは4日午前にも中部ルツェルン南方で、夫婦と子ども2人を乗せた軽飛行機が墜落し、4人全員が死亡した。この事故で山火事が発生し、当局はヘリなどで消火活動を行った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ