不適切検査、規律の緩みとスズキ 社長が謝罪

 スズキは9日、新車の燃費などの測定を巡り不適切な検査があったことを公表し、原因について、検査に詳しい管理職が工場に配置されておらず、現場に規律の緩みがあったと説明した。

 鈴木俊宏社長は同日午後に東京都内で記者会見し、車の不適切検査について「みなさまに多大なご迷惑をお掛けし、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。スズキによると、不適切検査があったのは、いずれも静岡県にある湖西工場(湖西市)、相良工場(牧之原市)、磐田工場(磐田市)の3工場だった。

 同様の問題が見つかったヤマハ発動機とマツダも同日午後、東京都内で記者会見を開く。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ