ロシア、米への対抗措置を検討 襲撃事件への関与断定で

 【モスクワ共同】ロシア外務省のザハロワ情報局長は11日、3月に英南部で起きた元ロシア情報機関員らへの神経剤襲撃事件にロシア政府が関与したと米国務省が断定し、対ロ新制裁を科すと発表したことに関連し「対抗措置を検討中だ」と述べた。ロシア通信が報じた。

 ザハロワ氏は「残念ながら、関係を改善し、行き詰まりの状態から脱することを考える代わりに、対等に応じることの考慮を余儀なくされた」と語った。

 米国の対ロ新制裁については、メドベージェフ首相が10日、「経済戦争の宣言と言える。経済的、政治的措置も辞さない」と発言していた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ