台風23号、きょう沖縄接近 暴風や高波に警戒を

 台風23号は4日、沖縄の南海上を発達しながら北北西に進んだ。5日には風速25メートル以上の暴風域を伴って強い勢力で沖縄に接近するとして、気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けた。激しい雨や竜巻などの突風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、沖縄県・先島諸島では5日昼前から、沖縄本島で昼すぎから暴風となる見通し。5日に予想されるのは最大風速が先島諸島35メートル、沖縄本島25メートル。波の高さはいずれも9メートルで、猛烈なしけとなる。

 宮古島では1時間に50ミリの非常に激しい雨、沖縄本島では40ミリの激しい雨が降る恐れがある。

PR

PR

注目のテーマ