強い台風23号が沖縄接近 暴風、高波に警戒

 強い台風23号は5日、風速25メートル以上の暴風域を伴って沖縄の南海上を西寄りに進路を変えながら沖縄県・先島諸島に接近した。気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けた。鹿児島県・奄美地方も高波に警戒が必要だ。

 気象庁によると、5日に予想される最大風速は沖縄本島が28メートル、先島諸島は35メートル。最大瞬間風速はそれぞれ40メートルと50メートル。波の高さは沖縄本島で9メートル、先島諸島で10メートルと予想されている。

 台風は5日午前8時現在、那覇市の南約210キロを時速15キロで北西へ進んだ。

PR

PR

注目のテーマ