「一つの中国」受け入れを 王外相、台湾の蔡政権に

 【北京、台北共同】中国の王毅国務委員兼外相は21日、エルサルバドルとの国交樹立の署名後に、世界の絶対的多数の国が「一つの中国」原則を支持していると述べた。中国外務省も、同原則は「公認された国際関係のルールだ」とコメントした。台湾の蔡英文政権に改めて同原則受け入れを求めた形だ。

 王氏は、中国と国交を樹立する国が相次いでいることについて「『一つの中国』原則が国際的大義に合致していることの証明だ」と主張。エルサルバドルのカスタネダ外相は「今後は台湾と公的な関係を持たず、政府同士の往来もしない」と約束した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ