台風24号、沖縄接近へ 7日に強い勢力保ち

 強い台風24号は6日、沖縄県・南大東島の南東海上を西寄りに進んだ。強い勢力を保ったまま7日に沖縄や鹿児島県・奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けた。予報円の中心から東寄りに進むと、8日にも九州に近づく可能性がある。

 気象庁によると、沖縄や奄美地方は急速に風が強まり、7日夕からは猛烈な風となる見込み。予想される最大風速は、奄美地方40メートル、沖縄35メートル、最大瞬間風速は60メートルと50メートル。波の高さは沖縄10メートル、奄美地方9メートル、九州南部6メートルと予想している。

PR

PR

注目のテーマ