EV充電規格、日中統一へ調印 共同開発で世界標準

 【北京共同】電気自動車(EV)の急速充電器を巡り、日本と中国の業界団体は28日、次世代規格の共同開発に着手する覚書に調印した。技術力の高い日本と世界最大のEV市場を抱える中国が規格を統一、世界標準を将来握ることを目指す。日本の自動車メーカーが海外市場を開拓する上でも追い風となりそうだ。

 急速充電器は現在、日本が「CHAdeMO(チャデモ)」と呼ばれる規格を推進する一方、中国や欧州市場がそれぞれ異なる規格を使う。メーカーは市場ごとに異なる部品を搭載する必要があった。規格統一でコスト負担を軽減でき、他国市場への参入も容易になる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ