北方四島開発、日本の決定待つ ロシア副首相、極東会合を総括

 【ウラジオストク共同】ロシアの極東開発を統括するトルトネフ副首相は13日、北方四島の開発について、日本と交渉中の共同経済活動に関する政治決定を待っており、ロシア独自の開発は「意図的に遅らせている」と述べた。極東ウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」を総括する記者会見で述べた。

 共同経済活動の具体化は遅れており、トルトネフ氏は「われわれは(独自に)クリール諸島(北方領土と千島列島)を開発できるが、日本との共同活動が始まるのを待っている」と述べ、日本側に早期の決定を促した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ