リベリアで百億円超の新札紛失 前大統領の息子ら捜査

 【アスマラ(エリトリア)共同】西アフリカ・リベリアで今年1月に発足したウェア政権は、サーリーフ前政権下で発行された約1億400万ドル(約117億円)相当の新札が昨年以降、紛失したとして捜査を始めた。紛失額は国内総生産(GDP)の約5%に匹敵する。ロイター通信が19日、報じた。

 ウェア政権は、サーリーフ前大統領の息子や中央銀行の総裁経験者ら15人が何らかの事情を知っているとみて、逃亡を防ぐため海外渡航を禁止した。

 紙幣は国外で印刷されリベリアの港に陸揚げされたが、中央銀行に届けられる前になくなったという。

 リベリアは世界最貧国の一つ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ