沖縄県知事選、2氏の激戦続く 30日投開票

 翁長雄志沖縄県知事の死去に伴う知事選は28日、最終盤を迎え、安倍政権が推す前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、移設反対で野党が支援する玉城デニー氏(58)が激しく競り合う展開だ。両氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を争点に、30日の投開票に向け、票の上積みを急いだ。

 大型で非常に強い台風24号の接近が予想されるため、両陣営は最終日29日の街頭での活動は中止する見通し。最終日は電話などで支持を呼び掛ける。

 他に元那覇市議の渡口初美氏(83)と元会社員の兼島俊氏(40)も立候補している。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ