FBI、暴行疑惑調査へ 米最高裁人事、委員会承認

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は28日、性的暴行疑惑が浮上した連邦最高裁判事候補のブレット・カバノー氏(53)について、連邦捜査局(FBI)に追加の経歴調査を行い、1週間以内に完了するよう指示した。ホワイトハウスが発表した。調査結果はカバノー氏の人事承認を巡る議会審議を大きく左右しそうだ。

 上院司法委員会は28日、カバノー氏の人事を承認。米メディアによると、共和党の11人が賛成し、民主党の10人が反対した。共和党指導部は同党の一部議員の意見を踏まえ、本会議での採決前にFBIの調査を行うよう政権に求めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ