全施設対象の宿泊税始まる、京都 全国初

 宿泊施設の利用者から1泊の宿泊料金に応じて200~千円を徴収する京都市の宿泊税条例が1日、施行された。宿泊税導入は宿泊料金が1万円以上の場合に徴収している東京都、大阪府に次いで3例目で、全宿泊施設を対象にするのは初めて。千円は最高額となる。

 市によると、1日の宿泊から適用し、修学旅行生と引率者は免除する。年間約45億6千万円の税収を見込み、外国人を含む旅行者の増加に対応するため、混雑緩和や受け入れ環境整備に充てる。

 宿泊税を巡っては、金沢市が来年4月から導入するほか、福岡市議会が市に創設を促す条例を可決した。

PR

PR