玉城氏、辺野古見直し要求 政府の移設方針維持に

 沖縄県知事選で初当選した前衆院議員の玉城デニー氏(58)は1日、那覇市内で共同通信などのインタビューに応じ、菅義偉官房長官が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設方針を維持する意向を表明したことに関し「(辺野古に)基地を造る前提や条件は全て崩れている」と述べ、計画見直しを迫った。軟弱地盤の存在などを理由として挙げた。

 玉城氏はインタビューで、知事選で政権が支援した候補に8万票以上の差で勝利した点に触れ「新基地建設反対の民意はいささかも崩れていない」と強調。辺野古移設の賛否を問う県民投票を来年春ごろまでに実施するとした。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ