「患者の役に立ち幸せ」 共同受賞のアリソン氏会見

 【ワシントン共同】今年のノーベル医学生理学賞を本庶佑京都大特別教授(76)と共に受賞するジェームズ・アリソン米テキサス大教授(70)が1日、ニューヨークで記者会見し「基礎科学者として免疫細胞の働きを知りたくて研究してきたが、結果的にがん患者の役に立てることになって幸せだ」と喜びを語った。

 子どもの頃に母をがんで亡くしたというアリソン氏は、本庶氏の研究成果も合わせ、がんの治療成績の向上に貢献できたと本庶氏をたたえ、「12月にスウェーデンでの授賞式で会えるのが楽しみだ」と述べた。また「本庶氏はゴルフが好きだが私はゴルフはしない」と笑った。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ