ノーベル賞本庶氏、国の支援必要 「生命科学に種まきを」

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑京都大特別教授(76)が2日、京大(京都市)で共同通信の単独インタビューに応じ、基礎研究を実用化につなげる上で膨大な投資やリスクが課題となっているとし、「生命科学は種まき。花が咲くとは限らないが、たくさんまけばまくほど芽が出る確率は高くなる」と述べ、国の積極的支援が必要だと訴えた。

 京大関係者によると、本庶氏は、若手研究者を支援するための基金にノーベル賞の賞金を寄付する意向を示しているという。京大での基金を想定しているが詳細は未定。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ