いすゞ、米大手と提携協議 次世代型エンジン開発へ

 いすゞ自動車が米国のエンジン製造大手カミンズ(インディアナ州)とトラック向けエンジン開発などの分野で提携に向けた協議を開始することが3日、いすゞへの取材で分かった。環境性能の高い次世代型のディーゼルエンジンの共同開発を行うほか、北米やアジアでの販売協力なども検討する見通し。

 2018年度内をめどに、提携の具体的な内容を詰める。4日にも提携協議に関して発表する。カミンズとの協力関係はトヨタグループを離れてから初めての提携策で、今後は事業ごとに他社との提携を検討していく方針という。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ