離婚で養育費、不払い補填 兵庫県明石市が全国初

 兵庫県明石市は、離婚相手から受け取るはずの養育費が滞っているひとり親家庭を対象に、最大月5万円の援助が受けられる制度を11月から試験導入する。市によると、こうした支援制度は全国で初めて。

 明石市によると、市内のひとり親家庭は約2500世帯に上り、養育費の不払いで泣き寝入りするケースは多い。

 新しい制度は、公正証書などで離婚時に養育費について取り決めたことを証明できる世帯が対象。滞った養育費を補填する民間会社に市が保証料を支払ってサービスに加入。離婚相手から全額を受け取れなくなれば、月5万円を上限に差額が支払われる。

PR

PR