停電時の応急電源にEV活用 災害対策、北海道地震でも

 大規模停電時の「応急電源」として電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)が注目されている。9月の北海道地震による国内初の全域停電では札幌市がスマートフォンの充電に、公用車のFCVを提供。情報を聞きつけた市民が詰め掛けた。EVなどが急速に普及する中、災害時の電源対策として活用が広がりそうだ。

 トヨタ自動車などによると、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)、FCVには電気を外部に取り出せる端子が付いており、電気製品などにつないで電源として利用が可能。一般家庭で照明と冷蔵庫の利用程度であれば、トヨタのFCV「MIRAI」だと約6日分の電気を供給できる。

PR

PR