築地の吉野家1号店も閉店へ 営業59年、市場移転で

 築地市場の移転に伴い、場内にある牛丼チェーン「吉野家」の1号店も6日で営業を終える。現在の場所に店を構えて59年。市場で働く業者らに愛され、牛丼チェーンの基礎をつくった。移転先の豊洲市場にも店舗はできるが、別店舗の扱いになるという。

 もともと日本橋の魚市場にある商店だった吉野家は、関東大震災後の1926年に魚市場とともに築地に移転。45年の東京大空襲による店舗焼失と再開を経て、法人化翌年の59年に現在の「築地店」が誕生した。

 2004~06年にBSE問題のため牛丼の販売を休止した際も「吉野家の原点である築地店」(同社広報)は国産牛肉を使って提供を続けた。

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR