米長官、再会談「かなり近づく」 拉致問題も取り上げ

 【ソウル共同】北朝鮮を訪問したポンペオ米国務長官は8日、米朝が交渉しているトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との首脳再会談について「かなり近づいている」と述べ、実現すれば非核化の「実質的な進展」を見いだせるとの認識を示した。金氏との7日の会談で日本人拉致問題を取り上げたことも明らかにした。

 ソウル市内で共同通信など一部メディアの取材に応じた。非核化が停滞しているとの指摘については「過去のどの米政権よりも成果を出している」と強調し、今後、米朝の実務協議を増やしていく方針を表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ