和歌山の神社で伝統神事 氏子扮すえびす様がジャンプ

 高野山の麓にある和歌山県九度山町の古沢厳島神社で8日、氏子が扮したえびす様がジャンプを披露するユニークな伝統神事「えびすのお渡り」が営まれ、観光客らでにぎわった。

 秋晴れの下、紙製のえびす面に白ひげ、冠などをつけ、タイを釣り上げたさおを担いだ「えびす様」が、約20人の供を従え、笛、鼓の音とともに境内に入場。本殿前で、えびす様がそんきょの姿勢から弾みをつけ、「ヨイショ」の掛け声に合わせてジャンプを3回繰り返すと、見物客から拍手が湧いた。

 神事は、和紙作りの繁栄を願って始まり、今も続いている。

PR

PR