乗客苦情「危ない」  沖縄本島東海岸の路線バス、速度超過に急ブレーキ頻繁  運転手、定時「間に合わない」

 「沖縄本島東海岸を走る路線バスが速度超過を繰り返している。乗っていて危ないと何回も感じた」―。読者から琉球新報編集局に情報が寄せられた。話によると、かなりのスピードを出して走るバスは、急ブレーキも頻繁だという。公共交通の路線バスが一般道で飛ばすことがあるのか? 8月中旬、取材班は読者が寄せた情報を基に、那覇発名護行きのバスに乗った。

記者が乗車

 日を変えて3回乗車した。そのうち1回は東海岸の国道329号で制限速度50キロの道路を80キロ以上で走るのを体感した。急ブレーキを踏むこともあり、乗客が運転手に速度超過について苦情を言う一幕もあった。なぜこのような危険運転がまかり通るのか。取材を進めて見えてきたのは、路線バスを取り巻く厳しい環境だった。

 記者が乗り込んだバスは、帰宅ラッシュ直前の平日午後5時10分台に那覇市泉崎を出発する便だ。このバス会社が公表する運行時刻表(ダイヤ)によると、終点の名護バスターミナルまでの所要時間は2時間52分となっている。

 時間通りに始点を出発したバスは、バスレーンを走行し那覇市を出るまでは順調に進んでいたが、その後は遅れ気味になった。中部の渋滞がひどく、ダイヤは沖縄県うるま市の安慶名停留所では約20分遅れとなった。

一般道で80キロ超え

 いよいよバスは問題の東海岸に差し掛かる。うるま市から同県金武町に入ると、これまでとは打って変わって車の数がまばらになった。遅れを取り戻すかのようにバスは段々とスピードを上げた。道路の制限速度は50キロだが、ついに速度メーターは80キロを超えた。停留所に止まるために急ブレーキが踏まれ、客が床に置いていた荷物が倒れて中身が飛び出した。

 同県沖縄市から乗っていた子連れの父親は、降車間際に「安心して乗れないよ」と運転手に苦情を述べた。記者も同感だった。

 その後、乗客が少なくなってくると、運転手は「飛ばしても飛ばしても間に合わないよ」と疲れた様子でつぶやいた。その言葉通り、バスは定時から約25分遅れて午後8時半ごろに終点に到着した。

 この日、記者は金武町内で2回、80キロ超えを確認した。制限速度30キロオーバーは赤切符が交付され、一発で免許停止となる場合がある。

 記者は別の日に同系統の那覇発名護行き、名護発那覇行きに乗ったが、その際は極端な速度超過は確認できなかった。ただいずれも定時から約25分遅れで終点に到着した。
 運転手はなぜ速度超過をするのか。取材を進めると、このバス会社の東海岸を通る那覇―名護間の路線は、「運行時刻表(ダイヤ)が短い」とバス関係者の中で言われていることが分かった。ダイヤの所要時間は適切なのか。8月下旬、取材班は検証のため、バスと同じ経路を法定・制限速度を守って乗用車で走ってみた。

困難な定時運行

 平日の午後1時に那覇を出発した。終点まで停車せず、所要時間は約2時間45分を要した。バス運転手が速度超過した時にかかった時間は2時間52分。取材班が走行したのは、道路が比較的すいている時間帯で、客の乗り降りもない。同系統の停留所は100以上あり、制限速度を守って走行すると、定時運行は難しいことが分かった。

 取材班はバスを運行する那覇市の会社を訪ねた。担当者は「全員ではないが、中には中南部での渋滞の遅れを取り戻すために飛ばす運転手もいる」と速度超過を認めた。

 ダイヤ自体に問題はないのか。同社によると、ダイヤは一定期間内に同系統のバスが要した平均走行時間を基に案が作られ、運転手と協議して最終的に労使間合意の上に決まる。担当者は「会社側のトップダウンで決めているわけではなく、現場の意見が反映される。安全運行のため、運転手には『遅れても構わない』と指導し、ペナルティーもない。速度超過は運転手個人の性格の問題だ」と説明した。

 また、路線バス事業を取り巻く環境の変化がサービスの低下を招いているとも。2000年の規制緩和以来、貸し切り(観光)バス事業者の新規参入が県内で相次いだ。路線バスの運転手は好調な観光バス業者に引き抜かれ、人材不足が顕著だという。

 担当者は「問題運転があった時は実際の走行画面を見せて指導するが、厳しく注意すると転職されてしまう。指導が行き届かない」と漏らす。幹部は「運転手に指導を徹底する。渋滞もひどくなっており、ダイヤも適宜見直したい」と強調した。

板挟みの運転手

 同社の現役運転手にも話を聞いた。「遅れると乗客から苦情を言われるので、間に合わせようとしてアクセルを踏んでしまう。会社は『遅れてもいい』と言うが、運転手の心理として乗客から直接苦情を言われるのがつらい」と語る。その上で、「今のダイヤは飛ばす人もゆっくり走る人も一緒にした平均走行時間を基に作られている。会社は運転手個人の問題にせずに、制限速度内で走ると実際にどれくらいの時間がかかるかシミュレーションしてダイヤを作ってほしい。このままでは大事故が起きないか心配だ」と訴えた。

 バスや沖縄都市モノレール会社の労働者でつくる私鉄沖縄の喜屋武悟委員長は「今、沖縄の路線バス事業は悪循環に陥っている」と指摘する。「利用者は渋滞がひどいからバスは定時運行を守れないと思い、マイカーを使う。すると渋滞が増してますます利用者離れが進む。会社の業績と労働環境が悪化して運転手も不足する」と説明する。

 沖縄本島の乗り合いバスによる輸送人員の推移は、1985年度に年間7717万9千人だった。それ以降は減少の一途をたどり、2016年度には2598万7千人と、30年間で3分の1の水準にまで乗客数が落ち込んでいる。

 喜屋武委員長は「路線バスの減便で、地方では空白地帯が増えている。公共交通が無くなれば、お年寄りなど交通弱者にしわ寄せがいく」と強調。運転手の確保が困難になってきていることを踏まえ、「観光の発展と地元住民の足の確保をどう両立するかが課題だ。県民全体で公共交通の将来を考えないといけない」と話した。

(琉球新報「りゅうちゃんねる~あなたの疑問に応えます~」取材班)
→琉球新報のウェブサイトはこちら

■九州の実態について情報をお寄せください

 琉球新報が報じた路線バスの速度超過をめぐる問題について、西日本新聞あなたの特命取材班は九州の実態を取材中です。情報やご意見をお寄せください。

↓情報提供窓口はこちら↓
●LINE@=LINE友だち登録
または
●あなたの特命取材班サイト=専用投稿フォーム

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ